青森公共職業安定所の求人票記入台に置かれた最低賃金の改定を知らせるチラシ
青森公共職業安定所前に掲示された最新の求人票。最低賃金改正に合わせ、事業者の多くが賃金などの条件を見直している

 青森県の最低賃金(最賃)が現行の時給793円から過去最大となる29円引き上げられ、10月6日から822円となる。最賃やそれに近い給料で従業員を雇う事業者の多くが、求人票や待遇の見直しを進めている。低賃金で働く労働者は大幅なアップを喜ぶ一方で、新型コロナウイルスによる経済不況のあおりを受ける事業者側は、雇用負担の増大を複雑な心境で受け止めている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。