新型コロナウイルスの感染拡大により、青森県内の献血者数が低迷している。県赤十字血液センター(青森市)によると、本年度8月までの月ごとの献血者数は5月を除いて、計画数を下回った。同センターは「血液は人工的に製造できず長期保存ができない。より多くの人に献血をお願いしたい」と呼び掛けている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。