青森県は10日、電源開発(Jパワー)が大間町に建設している大間原発の緊急事態応急対策拠点施設(オフサイトセンター)の建設地を旧田名部高校大畑校舎(元大畑高校)として使われていたむつ市大畑町の県有地に決めたと正式に発表した。元大畑高校の用地面積は約4万9900平方メートルで、大間原発から約26キロ離れている。県は、面積やアクセス性、インフラ整備の状況などを総合的に評価し判断した-としている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)