大水槽の中をスポンジで掃除する中屋敷さん
10月から始まる予定の企画展の飾り付けをする酒井さん

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う青森県八戸市の対策で、8月29日から休館している市水産科学館マリエント。来館者がいない状況の中、職員たちは10月1日の営業再開に向けた業務に当たっている。毎日の海の生き物たちの世話はもちろん、潜水の技術を磨いたり、企画展の準備や館内のレイアウトの変更をしたりと内容は多岐にわたっている。来館者のために休館中だからできることを-。職員たちは思いを一つにしている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。