厚生労働省が公表している新型コロナウイルス感染症の広がりを示す指標の一つ「人口10万人当たりの1週間新規感染者数」の最新のまとめ(23日現在)で、青森県は18.38人となり、都道府県別では全国10番目の多さだった。9月に入り、指標そのものは減少傾向が続いている一方、感染減少のペースが鈍く、相対的に順位が上がっている状況がうかがえる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。