2019年の津軽岩木スカイラインの除雪作業。この翌年から市が人員を含めて除雪を引き受けることになった=19年3月20日

 青森県弘前市は2020年3月から、岩木山8合目と山麓を結ぶ民営の有料道路「津軽岩木スカイライン」(全長9.8キロ)の除雪を引き受けていることを、開会中の定例市議会で明らかにした。地元の経済活性化のため必要と市は説明するが、市議会で質問を受けるまで公表してこなかったこともあり、一部議員は「会社の営利行為に加担していないか」と反発する。有識者は「特定企業に利益をもたらす作業を市議会に説明していなかったのは問題」と指摘している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から