ビデオ会議システムを通じて、参加者(手前のモニター)に「北海道・北東北の縄文遺跡群」を説明する岡田専門監=三内丸山遺跡センター
休館中の三内丸山遺跡センター(青森市)で、展示している土器について説明するセンター職員

 縄文時代1万年の旅を自宅から-。青森県は23日、世界文化遺産に今夏登録された「北海道・北東北の縄文遺跡群」のうち、県内にある8遺跡を巡る旅を体験してもらうリモートツアーを試験開催した。新型コロナウイルス感染拡大で展示施設などが休館となり誘客が難しくなる中、各遺跡を担当する学芸員らが現地から魅力をアピールした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。