青森県八戸沖で貨物船が座礁した事故で、船を管理する美須賀海運(愛媛県)は22日、事故海域にほぼ沈んだままとなっている船尾側から軽油などの油計9キロリットルを抜き取ったと発表した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から