自民党総裁選で、使用済み核燃料を再処理して原発で再び利用する「核燃料サイクル政策」が争点化している。河野太郎行政改革担当相が持論のサイクル撤退に踏み込んだ一方、岸田文雄前政調会長と高市早苗前総務相は総裁選を通じて政策の維持に言及。青森県内の立地自治体にとって「死活問題」(県選出国会議員)の政策を巡り、河野氏と他の候補者で主張が分かれた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。