今年建てたハウスの中で農機具を見つめる蛯名さん。概算金について「こんなに下がるとは思わなかった」と肩を落とす=東北町

 2021年産米の「生産者概算金」が22日までに青森県内各農協で決まったが、コロナ禍でコメの需給状況が見通せない中、大半の農協は独自の上乗せを見送り、「まっしぐら」は8千円(JA1等米、60キロ)、「つがるロマン」は8200円(同)と、低水準に設定した。大幅な下落に県内農家は「採算が取れない」「来年稲を植えない人がいっぱい出てくるだろう」と悲鳴。減収を補う支援を求める声に加え、国が需給調整するべき-との訴えも上がる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。