県立高校再編の第2期実施計画(2023~27年度)案で示された木造高校(青森県つがる市)を1学級減の1学年3学級とする方針の見直しを求め、地域住民らが10月、「木造高校の学級維持と地域を守る会」を組織する。22日、県庁で同校の学校規模維持に向けた要望活動を行った倉光弘昭・つがる市長が取材に明らかにした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。