駅の待合室で中瀬助役(左)の説明を聞く児童たち
ホームで小旗を振り、列車を見送る児童たち

 青森県むつ市の大湊小学校の2年生16人は17日、同市のJR大湊駅で校外学習を行った。児童たちは、同駅の中瀬善弘助役の説明を聞きながら駅舎やホームを熱心に見学し、25日に開業100周年を迎える地元の駅に理解を深めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から