20日、米国とメキシコの国境沿いを流れるリオグランデ川を渡るハイチなどからの移民(AP=共同)

 【ロサンゼルス共同】米南部テキサス州デルリオのメキシコ国境地帯に、カリブ海の島国ハイチなどからの移民が殺到している。アボット州知事は20日、危機的状況にあるとしてバイデン大統領に書面で非常事態宣言を要請した。米メディアによると、米国とメキシコをつなぐ橋の下や周辺に一時約1万5千人が詰め掛け、米当局はこれまでに6千人超を別の場所に移送した。

 地域の最貧国ハイチでは30万人超が犠牲となった2010年の地震以降、多くの人が米国を目指して国を後にしている。今年7月のモイーズ大統領暗殺や、8月に起きた地震などがこうした流れに拍車を掛けているとみられる。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む