「西平内村振興記念碑」と山口地区の住民たち
米山 梅吉(米山梅吉記念館提供)

 日本初のロータリークラブ「東京ロータリークラブ」の初代会長である米山梅吉(1868~1946年)が揮毫(きごう)した記念碑が、青森県平内町山口地区に立っている。貧困に苦しんでいた旧西平内村(現平内町西部)の救済に当たった米山に感謝の念を示すため、昭和初期に住民たちが建立した。現在はロータリークラブの“聖地”の一つとして全国から関係者が訪れる場所となっており、住民は碑のそばに花を植えるなどして「地域の宝」を守っている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。