子宮頸がんと予防についてオンラインで講演した蓮尾所長(左)と横山教授

 子宮頸(けい)がんと予防について正しい情報を広めようと、青森県臨床産婦人科医会と製薬大手MSD(東京)は20日、オンライン公開講座「今から始める子宮頸がん予防~ワクチンと検診の両輪で~」を開いた。子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を防ぐワクチンと検診の大切さを訴えた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から