ドローン農薬散布チーム「ママミーアキャット東北」の石岡さん(手前右)と花田さん(同左)。奥の2人は応援に駆け付けた(右から)川田さんと中井さん
つがる市の農場で行われたドローンを使った農薬散布のデモンストレーション

 小型無人機「ドローン」を使った女性だけによる農薬散布請負チーム「ママミーアキャット東北」が8月、青森市在住の女性2人によって結成された。北海道を中心に今年から活動している「ママミーアキャット」の全国2番目の組織。18日、つがる市の農場でデモンストレーション飛行が行われ、2人は「男社会という農業のイメージを変えたい。女性も活躍できる場として青森県でも多くの仲間をつくりたい」と意気込みを語った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。