青森市産のカシスと、液状のカシスピューレ。ビールの醸造過程でピューレを加えるという
ビールを製造するタンクの中に麦芽を入れるギャレスさん。カシスビールは10月中旬ごろ完成する予定

 国内有数のカシス産地である青森市産のカシスを使ったカシスビールの醸造が15日、始まった。1カ月ほどで製品となり、10月中旬ごろから一般向けに販売するほか、同市のふるさと納税の返礼品にも加える。15日、弘前市内の醸造所で仕込み作業が行われた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。