自民党総裁選に立候補した河野太郎行政改革担当相と岸田文雄前政調会長は18日、日本記者クラブ主催の討論会で、使用済み核燃料を再処理して原発で再利用する「核燃料サイクル政策」で論戦を交わした。河野氏は六ケ所再処理工場(青森県六ケ所村)の稼働によって抽出されるプルトニウムは「使い道がない」と主張。一方、岸田氏は「サイクルを止めると外交問題にも発展するのではないか」と懸念を示し、河野氏のサイクル見直し論をけん制した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から