青森県に主要施設が立地する「核燃料サイクル政策」が一つの争点となっている自民党総裁選。県内の立地自治体の首長は告示日の17日、静観の構えを示したが、自民党議員は政策の方向転換を訴える河野太郎候補の主張に反発を強めた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から