自由通路が設けられた弘南鉄道中央弘前駅。駅舎(中央奥)からホームの一部を通り、階段で緑地に接続されている=15日

 青森県弘前市は18日から、弘南鉄道大鰐線中央弘前駅を自由通路化し、土手町、鍛冶町方面と弘前れんが倉庫美術館をつなぐ社会実験を始める。利用者は改札を経ずにホームの一部を通り抜け、階段で吉野町緑地に出られる。往来可能な時間帯は午前8時~午後6時。通行無料。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。