青森県の新型コロナウイルス対策で1日から県立学校などの部活動が禁止となっている中、24~26日に山形市で開かれる「全日本合唱コンクール東北支部大会」。県教育委員会は青森県代表が成果を発揮する機会を確保するため大会の延期を要請したが、主催者の回答では、会場確保などを理由に「延期はあり得ない」とした上で「合唱部の生徒にとっては、成果を発表できる貴重な機会として、今年は出演していただきたい」と記載されていたことが17日、関係者への取材で分かった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。