北海道や東北は、日本海に発生する低気圧や前線の影響で18日夜にかけて雷を伴った激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は土砂災害や浸水、川の増水・氾濫に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、低気圧は発達しながら東北東へ進み、18日夜にかけて東北を通過する見込み。19日午前6時までに予想される24時間雨量は多い所で北海道150ミリ、東北120ミリ。

(共同通信社)