大津家裁は17日、大津市の自宅で小学1年の妹=当時(6)=を蹴るなどして死なせたとして傷害致死容疑で家裁送致された無職少年(17)を初等・中等(第1種)少年院送致とする保護処分を決定した。決定では相当長期間の矯正教育が必要との処遇勧告も付けた。

 決定理由で横井裕美裁判官は、約10日間に暴行を多数回繰り返したことは危険かつ悪質で、妹が死亡した結果は重大と指摘した。

 決定によると、母の不在で精神的に不安定になった妹の攻撃的な言動に腹を立て、7月22日ごろから8月1日までの間、自宅で妹を蹴ったり殴ったりする暴行を多数回加え、外傷性ショックで死亡させた。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む