料金徴収期間が本年度末で終了する青森県道路公社管理の「第二みちのく有料道路」(9.7キロ、おいらせ町高田-六戸町犬落瀬)について、県は16日、有識者委員会から5月に受けた提言通り、料金徴収期間の10年間延長が適当と判断したことを明らかにした。17日開会の定例県議会に同意を求める議案を提案する。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から