木下富美子都議

 東京都議選の期間中だった7月に無免許運転で当て逃げ事故を起こしたなどとして、警視庁は17日、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)と道交法違反の疑いで木下富美子都議(54)=豊島区=を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。

 書類送検容疑は免許停止期間中の7月2日午前7時25分ごろ、板橋区高島平3丁目の交差点で、乗用車を後退させた際に停車中の車にぶつかり、運転していた50代男性と同乗の40代女性に軽傷を負わせ逃げた疑い。5、6月に都内で無免許運転を6回した疑いもある。

(共同通信社)