ホワイトソックス戦の5回、二塁内野安打を放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)

 【シカゴ共同】米大リーグは16日、各地で行われ、エンゼルスの大谷はシカゴでのホワイトソックス戦に「3番・指名打者」で出場し、4打数2安打、1得点で1死球2三振だった。前日まで44本塁打はリーグトップと1本差。チームは9―3で勝った。

 ペレス(ロイヤルズ)が3戦連発の45号本塁打を放ち、この日試合がなかったゲレロ(ブルージェイズ)に並んだ。

 レッズの秋山はパイレーツ戦に「8番・中堅」で臨み、2打数1安打、1三振で途中交代した。パイレーツの筒香は「2番・右翼」でフル出場し、3打数無安打、1四球1三振。試合はレッズが1―0で勝った。

(共同通信社)