強い台風14号の接近を受け、青森県では17日夜から18日にかけ、下北と三八上北を中心に警報級の大雨が降る恐れが出てきた。青森地方気象台は16日、青森市内で会見を開き、土砂災害への注意を呼び掛けた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から