男子団体で20連覇を果たした青森大の演技(同大提供)
男子個人、団体の両方で頂点に立ち、笑顔で喜ぶ青森大新体操部のメンバー(同大提供)

 新体操の全日本学生選手権(インカレ)は最終日の16日、静岡市の草薙総合運動場体育館で団体競技を行った。男子団体で、昨年まで19年連続優勝の青森大は、躍動感あふれる演技で18.825点の高得点を獲得し、前人未到の20連覇を達成した。サブメンバーの青森大NEOも2位に入った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。