1回目のワクチン接種を終え、手続きに並ぶ実習生ら=8日夜、ホテル青森
青森商工会議所の職域接種で、ワクチン接種を受ける実習生=8日夜、ホテル青森

 青森商工会議所が9月から始めた会員企業向けの新型コロナウイルスワクチン職域接種を利用し、青森市内の企業で働く外国人が接種を受けている。かかりつけ医を持たない、日本語での手続きが難しいなど、外国人にとって接種に向けて越える必要があるハードルは多い。企業側の支援も受けながらワクチン接種に臨んだ外国人たちは、「ずっとワクチンを待っていた」と声をそろえた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から