自民党総裁選に出馬する河野太郎行政改革担当相は15日、政府が推進する核燃料サイクル政策の見直しに再び言及し、「六ケ所村のように国策に協力してくれた立地自治体にもきちんと説明し、丁寧にその地域としっかり向き合う」と述べた。同村にはサイクルの中核となる日本原燃・再処理工場などが立地している。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から