青森県黒石市は15日、黒石公民館多目的ホールで実施している新型コロナウイルスワクチンの集団接種を10月31日で一時終了すると発表した。同月で目標の接種率7割に達する見込みのため。市内9医療機関での個別接種は来年2月28日まで継続する。

 市によると、10月の予約枠は既に埋まっているが、ワクチンを新たに確保できたとして計540人分の枠を追加する。1回目の接種日は10月2、3、10日の土日で、予約期間は9月21~30日(土日祝日除く)。妊婦や10~20代を優先的に受け付ける。

 市は、ワクチンの供給状況や市民からの要望によっては集団接種を再開する可能性もあるとしている。