荒関さん(左)の助言を受け青天の霹靂の刈り取りに挑戦する葛西さん=五所川原市金木町藤枝の水田

 ホテルJALシティ青森は10月、JALふるさとアンバサダーの葛西恵理さん(37)とのコラボレーション企画で、県産特A米「青天の霹靂(へきれき)」を使ったランチメニューを提供する。メニュー開発に当たり15日、ホテルのレストラン「ラ・セーラ」の料理長高橋寿幸さん(44)と葛西さんが五所川原市の水田を訪れ、新米の試食や稲の刈り取りを体験した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から