18日に発売される西こぎんの刺しゅうを施したモンベルのオリジナルワークキャップ(手前)とハット

 青森県西目屋村の「道の駅 津軽白神」は18日から、アウトドアメーカー・モンベルのコーナーで、西こぎんの刺しゅうを施した帽子各種を販売する。各3980円(税込み)。こぎん作家でグラフィックデザイナーの山端家昌氏(おいらせ町出身、東京在住)のデザインによる第2弾。伝統模様「結び花」とリンゴをイメージした模様の刺しゅうで、青森県らしさをアピールしている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。