青森県は15日、8月に発生した大雨被害の災害対策本部会議を県庁で開いた。住家被害の全容がほぼ判明し、全壊はむつ市で7棟、風間浦村で1棟だった。半壊はむつ65棟、風間浦4棟。一部損壊はむつで392棟に上ったが、非住家を含む可能性があり詳細は調査中。七戸町は6棟、風間浦23棟だった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から