男子個人総合で頂点に立った青森大の岩渕(同大提供)

 新体操の全日本学生選手権(インカレ)は第2日の15日、静岡市の草薙総合運動場体育館で個人競技を行い、男子総合で青森大2年の岩渕緒久斗(おくと)が4種目合計70.975点を獲得し、初の頂点に立った。青森大は2年の遠藤那央斗も4位に入賞するなど、全8人が出場38人中の上位12位以内に入った。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。