「相談の依頼は男女問いません」と語るリケジョLABOメンバー。左から畑中主事、鮎川准教授、片山講師、高屋教授

 理工系の進路を目指す「リケジョ(理系女子)」を応援しようと、八戸工業大学の女性教職員グループ「HIT(ヒット)リケジョLABO(ラボ)」が本年度、市内外の小中高生や保護者、教職員らを対象とした講演や進路相談を始めた。各メンバーの専門分野のほか、進路や就職先、仕事と家庭との両立など、先輩リケジョたちが経験を踏まえてアドバイスする。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から