びっしりと実った「いたや毛豆」を収穫する櫻庭さん

 青森県板柳町で古くから栽培され、毛の濃さで知られる枝豆在来種「いたや毛豆」が収穫期を迎えている。町内の生産者でつくる「いたや毛豆研究会」の櫻庭妃咲美(ひさみ)会長(28)の園地でも14日、手作業で毛豆の収穫が行われた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から