農協が農家に支払う2021年産米の仮渡し金「生産者概算金」が新型コロナウイルスの影響で大幅下落したことを受け、青森県五所川原市の佐々木孝昌市長は14日、本年度の補正予算に農家への経営支援策を盛り込む考えを示した。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から