弘前市議会予算決算常任委員会は14日、市内学生にアップルパイを配る事業費を含む2021年度市一般会計補正予算案を可決した。新型コロナウイルス禍での食の支援策として市が予定する同事業を巡り、一部委員はアップルパイではなく米などの主食を配るよう求める付帯決議案を提出したが、賛成少数で否決された。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。