ATM跡地を活用してオープンし、大勢の客でにぎわった「キッコーセイからあげ城東店」

 弘前市城東エリアの現金自動預払機(ATM)跡地に、テークアウト専門の唐揚げ店が10日、オープンした。キャッシュレス化や店舗統合の影響でATMの設置台数が年々減っている中、交通の便がよく、人目につくなどの点に着目し、同市富田のひろさき夢興社(齋藤ひとみ社長)が出店。藤崎町で大正時代から造られており、同社が事業を引き継いだ昔ながらの甘口醤油(しょうゆ)「キッコーセイ」を使ったこだわりの唐揚げを販売している。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。