木材を背負子で担ぐ藤このみさん=7月、北海道・旭岳

「植生豊かで色彩の美しい景観にふさわしい登山道を」。北海道最高峰の大雪山系旭岳で環境保全監視員の女性が仕事の傍ら、登山道の整備を続けている。全国的にも登山道は国や自治体の資金不足で傷みが深刻化。整備…

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から