記者室で行った実験。水蒸気は卓上エアカーテンに遮られ、対面席まで届かなかった
アクリル板では水蒸気が周辺に一定時間滞留した

 新型コロナウイルス感染拡大の原因の一つとされる「マイクロ飛沫(ひまつ)(エーロゾル)」に関し、エアカーテン(空気の壁)が、アクリル板より遮蔽(しゃへい)効果が高いことが14日、卓上型エアカーテンを製造・販売する地場企業3社が弘前市役所の記者室で公開したデモンストレーション(実演)で分かった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。