本年産「青天の霹靂」を調べる検査員=14日、鯵ケ沢町

 つがるにしきた農協(本店青森県つがる市)は14日、鯵ケ沢町で2021年産米の初検査を行った。同年産米の概算金引き下げが決まった中、検査した「青天の霹靂(へきれき)」32俵(1俵60キロ)全量が1等に格付けされ、関係者から安堵(あんど)の声が出た。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から