ねぷたにAEDを積んで出陣している「あどはだり會」の中谷会長(右から4人目)、佐々木さん(同3人目)ら消防関係者=6日夕

 青森県五所川原市で開催中の五所川原立佞武多(たちねぷた)で、運行団体の「あどはだり會」が、急病人の心肺蘇生に使用する自動体外式除細動器(AED)をねぷたに積んで出陣している。はやしや引き手には心肺蘇生法や応急救護を身に付けた消防職員もおり、関係者は「会場で傷病者が出たらすぐに対応したい」と話している。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)