許可を得ずに、刈り払いを行った岩木山弥生登山道8合目付近
刈り払いされたハイマツの切り株

 青森県弘前市が、木竹の伐採が原則禁止されている国定公園の特別保護地区に指定されている岩木山弥生登山道8合目付近のハイマツを、同登山道の迂回(うかい)路とするため無断で刈り払いしていたことが7日、分かった。市によると、特別保護地区と知っており、事後に許可を得ればいいとの認識だったという。自然公園法などいくつかの法律に抵触している可能性もあり、国定公園管理者の県などが、市から事実確認を行っている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)