湯の沢遺跡で発掘作業に励む学生=13日午後

 弘前大学の学生たち約20人が8月下旬から、岩木山麓にある弥生時代の遺跡で発掘作業に励んでいる。先史時代の人々が稲作をどのように受け入れ、水田農耕に移行したのかを解明しようと、懸命に遺物を掘り起こしている。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から