経済産業省と国土交通省は13日、洋上風力発電を最長30年間、民間事業者に許可する「促進区域」に「秋田県八峰町および能代市沖」を新たに選定したと発表した。促進区域の前段階となる「有望区域」には4海域を追加した。青森県関係では、県が3月、陸奥湾の情報を国に提供していたが有望区域には選ばれなかった。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から