タグボートにえい航され、八戸港を離れる貨物船の船首側。左奥は事故海域にほぼ沈没した状態で残っている船尾側=13日午前10時46分
強風であおられないよう、人力で引っ張りながらクレーンで陸揚げされるカーゴハッチ=13日午後0時17分、三沢漁港南側

 八戸沖で貨物船が座礁した事故で、二つに割れた船体のうち船首側が13日、船主が手配したサルベージ会社のタグボート4隻にえい航され、八戸港を離れた。第2管区海上保安本部によると、船体は19日夕方に広島県江田島港に到着する予定。同県の業者に引き渡され、解体されるとみられる。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。