アーケードが撤去され、すっきりした三沢市中心商店街(2021年9月13日撮影)
全撤去に向けた工事が始まった20年11月16日に同じ位置から撮影した

 青森県三沢市は13日までに、県道三沢十和田線の中心商店街アーケードの撤去工事を終えた。市は三沢署から、アーケード撤去完了を条件に「(一方通行解除について)前向きに検討したい」との回答を得ており、市と市商工会が要望していた、大町交差点-三沢基地正面ゲート前交差点間(約900メートル)の一方通行解除に一歩近づいた。

ここから先は、東奥日報本紙の定期購読者しかご覧になれません。定期購読者の方は「東奥ウェブ読者くらぶ」に登録して下さい。登録は「東奥日報デジタルポート」から