国際宇宙ステーションで船外活動する星出彰彦飛行士(NASAテレビより)

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の星出彰彦飛行士が日本時間12日夜、新たな太陽電池の設置に向けた架台の取り付け作業など4回目となる船外活動を7時間近くにわたって行った。船外活動の通算時間は、5月に地球に帰還した野口聡一飛行士を超えて日本人最長となった。

 同日午後9時半ごろ、星出さんはステーション中央部のエアロックから船外に出た。一緒に作業する欧州宇宙機関(ESA)のトマ・ペスケ飛行士と大型部品を運び出し、装備をチェック。その後、2人は手すりを伝いながら太陽電池の近くまで移動し、架台の取り付け作業に取りかかった。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む